忍者ブログ
Admin / Write / Res
愉快な仲間の名(迷?)言や、日常を投稿していこうと思います。
[47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

常に、人間は、自身の過去を清算しながら生きているのだなあ。


「人は、自分の『今』と『未来』においてのみ、自分の『過去』を償うことができる」
そんな名言もありますが、その真意や如何に。


過去は、その人の『重さ』になるのではないでしょうか。

過去を持たない人はいません。
そして、その過去を一緒に背負えるわけでもありません。

昔、友人と話した時のこと、
友「俺からしたら大切な人にとって俺は、その人からしたら、大勢の中の一人なのが悲しい。
  その人の過去には、どうしたって入れないから・・・」

と、言われたことがあります。
ロ「他人の過去なんて入っても良いことないさ。
  一緒に背負うわけでもあるまいし」

と返しておきましたが・・・。


過去に執着しない人はいないと思います。
その人の価値判断などの基準は、その人の経験・・・つまりは過去に大きく影響されるから、らしいです。

つまり、一人の人間が作られる上で、過去というのは、大切な構成要素のひとつ。

しかし、だからといって、過去に囚われてしまっては、前に進むことはできません。

そして、人間は、たとえ過去をひきずりながらでも、清算し、前を向くことができるのではないでしょうか。


その人の『経験』が、その人の『血肉』になっているとしたら、
まさに、その人の『過去』は、その人の『重さ』になるのではないでしょうか。


携帯のメールの整理をしながら、そんなことを思いました。
では。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
リソルート
性別:
男性
自己紹介:
一介の大学生。
というか、吟遊詩人。

一貫した記事の傾向はなく、多岐にわたります。
多いのは、真面目な内容とバカな日常です。

最近は更新が滞っていますが、生きてます。

コメント・拍手ありますと、主が喜びます。
リンク希望などあれば、コメントからお気軽にどぞ。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新コメント
[09/09 夏ー秋]
[09/07 をだ]
[07/14 時の守護者]
[07/10 葛西]
[07/08 をだ]
最新トラックバック
バーコード
忍者アナライズ
Copyright ©  Sin約聖書 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]